About

フレグランスと捺印の持つ偶然の親和性

捺印。それは日本人にとってアイデンティティの証明であり、絆の結束です。
アイデンティティや結びつきを示すものとして、現代では香りにその役割がより多く求められています。
わたしたちは1905年の創業以来、日本の捺印産業に携わってきました。
創業初期より製造していた、クラシックな組成で作られる練り朱肉で使用する天然素材は、フレグランス関連商品に含まれる材料を多く含みます。またその朱肉には独自にアジア由来の香料を配合して香りをつけています。
フレグランスと捺印の持つ役割や素材などのこの偶然の親和性。
日本料理の手法が、不要なものをそぎ落としてゆく引き算の原理であるように、わたしたちは朱肉にするためだけに必要な材料はそぎ落とし、そしてより上質なフレグランスにするために必要なものだけを加え、我々の伝統的なノウハウを用いた新たなフレグランスへと再編集しました。それがÉDIT(h)エディットです。

ÉDIT(h)は、1905年に日本の東京で創業したMoriyama INC.が立ち上げたブランドです。

Moriyama INC.は、その創業初期より、”日光印Nikko Jirushi”のブランド名で、主に朱肉などの印章商品を世に送りだしてきました。最新の技術と共に、100年以上続く伝統的な製造方法も継承してきています。

ÉDIT(h)のフレグランスは、その日光印の練り朱肉で用いられる香料や材料、配合、ノウハウを応用し、元ミュージックディレクターであり、現Moriyama INC.6代目にあたるブランドディレクターの指揮のもとで作られました。

そもそも日本において、ハンコは「自己の証明」の為に使われるものです。
Moriyama INC.は、「1人1人のアイデンティティの手助けになる」ためのものを世に出すというコンセプトで商品開発をしています。香りは、付けたその人自身となり、また人は、香りによってその人を心に留めます。Moriyama INC.はその意味において、偶然の親和性をもってフレグランスと出会ったといえます。

ÉDIT(h)のファーストコレクションは、東京で活躍する気鋭の調香師、グラフィックデザイナー、そして日光印と長年モノづくりを共にする製造技術者たちと共に生み出されます。

Creative director
Kentaro Kuzuwa

1975年生まれ。大手レコード会社にてpromotor, A&R directorとしてCLUB MUSIC, HIP HOP, ROCK, POPS等数々のジャンルのミュージシャンを担当。その後世界50ヵ国以上を旅した後に、創業1905年の印章商品メーカーMoriyama INC.の6代目後継者として帰国。工業製品の品質管理と安定した生産性、そして伝統工芸の希少性と卓越した技、その両方の魅力を理解し、その技術を現代社会に必要とされる商品へと転化している。様々なカルチャーに精通した感性をプロダクト制作に内包したモノづくりを志している。